コレステロールを下げるサプリ

コレステロールを下げると動脈硬化が予防できます。中性脂肪の吸収を抑える働きのあるサプリメントをランキング形式で紹介します。

LDLコレステロール値が高いのに中性脂肪値が低い。

 

このことが問題なのか、そうでもないのか?それがわからず困っている人へ。

 

これが放置できない大きな問題であることを説明します。

 

この状態を放置しておくと、太っていなくても動脈硬化がひどく進行するので病気になってしまって後悔します。

 

このまま放置すると

 

  • 狭心症
  • 心筋梗塞
  • 脳出血

 

といった生活習慣病になってしまいます。

 

生活習慣病と聞いただけでは大したことはないように感じかもしれませんが、実際には後遺症が残る深刻な病気なんです。

 

生活習慣病にならない

 

将来深刻な病気にならないためには、まず「LDLコレステロールが高い中性脂肪が低い」原因を知ることが必要です。

 

医者に言われるまま薬を飲み続ける前に、なぜ「LDLコレステロールが高い中性脂肪が低い」のが問題なのか知ることで、自分ごととして主体的に考えることができるようになります。

 

生活習慣病は生活習慣に問題があるので、まずは自分で生活を変える意識が必要です。

 

 

LDLコレステロールが高いのに中性脂肪が低い原因とは

 

生活習慣病は、「食生活」と「運動」それにストレスなどに問題のあることが多いです。

 

ldlコレステロール値を高くする食品を食べすぎている

 

コレステロール値を上げやすい肉類や乳製品、卵などをたくさん食べると、中性脂肪は少いまま、悪玉コレステロール値が高くなることがあります。

 

それに魚類や豆類、緑黄色野菜、海藻などを余り食べないと、よけいに悪玉コレステロールが高くなります。

 

 

中性脂肪は体のエネルギーになるので、少なすぎると体が疲れやすくなるんです。

 

そんな状態では生き生きとした日常生活を送ることが難しくなってしまいます。

 

 

ストレスや疲れすぎる生活を送っている

 

中性脂肪が低くて悪玉コレステロールが高くなる別の原因として、ストレスや過労があります。

 

どうしてストレスや過労で悪玉コレステロールが高くなるのでしょうか?

 

それは、ストレスや過労で活性酸素が増えて体の細胞が酸化され壊されるからです。

 

 

するとそれを改善するために、脂肪や肝臓からコレステロールが血液中に放出されます。

 

そういう理由でコレステロール値が高くなってしまうのです。

 

ストレスから体を守ろうとする自然な反応なんですが、高い状態のままでは動脈硬化がすすんでしまいます。

 

 

中性脂肪が低いと危険です

 

中性脂肪が低いというと一般には良いことと考えられているようですが間違いです。

 

それは体にビタミンA、Eやβ-カロテンといった脂溶性ビタミンが少ないということでもあるんです。

 

脂溶性ビタミンが少ないとめまいや偏頭痛が起こったり、脂肪の不足で血管がもろくなり、ひどい場合には動脈硬化が起こって血管が破れてしまうこともあります。

 

中性脂肪は高くても低すぎてもやはり危険なんです。

 

そのため、日本では中性脂肪の正常値が40〜149mg/dlと上限だけでなく下限も決められているんです。

 

 

動脈硬化で起こる病気

 

動脈硬化が進行して起こる生活習慣病は深刻なものばかりです。

 

  • 脳梗塞
  • 狭心症、
  • 心筋梗塞
  • 乖離性大動脈瘤
  • 閉塞性動脈硬化症

 

コレステロールは悪者か?

 

ところでコレステロールは悪いものというイメージがありますが、本当に悪いものでしょうか。

 

コレステロールは60兆個の細胞の細胞膜を作る材料ですし、副腎皮質ホルモンや男性ホルモン、女性ホルモンの材料でもあるんです。

 

実はコレステロールが無かったら人の体ができないほどの大事なものなのです。

 

 

人の細胞はいつも新しく作られているので、もしコレステロールが少ないと弱い不完全な細胞になってしまいます。

 

それが癌の原因になったりもします。

 

コレステロールは多すぎても少なすぎても問題なんです。

 

 

そのため、70mg〜139mg/dlと正常値の上限と下限が決められています。

 

多すぎると動脈硬化がひどくなるので、対策が必要だと分かっていただけたことと思います。

 

 

動脈硬化を防ぐ対策

 

 

それでは具体的な対策について考えていきましょう。

 

もしあなたが、中性脂肪や悪玉コレステロールの値が正常ではなくても、すぐに薬を飲んで治療が必要なわけではありません。

 

次の2つの対策で改善しましょう。

 

  • 食事療法
  • 運動療法

 

食事療法

 

魚・豆類・緑黄色野菜 海藻などの摂取が少ないと、悪玉コレステロールが高くなるのでしっかりと食べるようにします。

 

コレステロール値を上げやすい肉類や乳製品、卵などをたくさん食べないようにする。

 

 

運動療法

 

 

中性脂肪少ない

 

ネルギー不足で疲れやすくなる。
ビタミンA,E,β-カロテンなどの脂溶性ビタミンが少ない
極端な少食 偏食

 

 

DHA EPAで中性脂肪値
を下げる効果がある

 

 

DHAやEPAは1日当たりの摂取目安量が1000mg

 

食事で毎日摂取するのがむずかしければ
サプリの利用が簡単。

 

 

サプリの条件

 

DHAとEPA
1000MGの内500mg程度を摂取
酸化しないDHAとEPA
安全な材料と製造(GMP取得工場)
返金保証